番組審議委員会

番組審議委員会報告

おびひろ市民ラジオ番組審議委員会



平成30年度(第24期)第2回目
■開催日・時間:7月26日(木)12:00~13:00
■開催場所:リッチモンドホテル帯広
■出席委員数:4名、欠席委員数:4名
■審議番組:「由美の食べた~い、十勝!+(プラス)」
放送日時/毎週木曜日 11:00~11:50
札幌で暮らしていたご夫婦が農業移住を決意したのは4年前。芽室町で廣田農園を営む廣田由美さんが、十勝の農業の魅力をゲストとともに発信する50分番組。昨年秋より10分コーナーから50分番組へ拡大。



○ご意見1
農業を中心とした情報を発信する番組ということで「十勝らしい」と感じました。ただ、曲の音量と由美さんの音量?声質とのバランスが悪いのか声が聴きにくい印象です。(特にスタジオ収録分に関して)内容的には、農業&酪農専門誌にクローズアップということで、こういった専門の雑誌があることを初めて知りました。ただし、記事内容はあまり説明がなくもう少し掘り下げていただきたかった。作り手の声を聞くことができたのはよかったですが、クローズアップしすぎの感がありました。

○ご意見2
取材するはずの雑誌の編集者がスタジオに来て、逆取材を受けるという珍しい進行。そうであるがゆえに相手も専門家なのだから、今回に関しては聞きだし方をもう少し改善する必要があったように思えた。また、「本棚コーナー」に関しては、編集者ご本人から紹介を受けるなど工夫してもよかったのではないか? 番組コンセプトがしっかりしているので、今後に期待しております。

○ご意見3
司会進行を務める由美さんの滑舌が良く、聴きやすい。ゲストとの掛け合いがスムーズ。ただし、今回は事前打ち合わせが少ないように感じました。せっかく専門的な知識を持っているゲストをお招きしたのだから「北海道の農業・酪農の状況と課題」をききたいと思いました。

○ご意見4
コンセプトにある「農業の魅力を発信する」とありますが、ここ十勝は特に基幹産業でもあることから、この番組の存在意義は高いと思います。「情報の発信・告知等の方法、考え方」を毎回詳しく説明していただきたい。(番組づくりになんとなく感がある・・・)とはいえ、全体的に楽しいラジオタイムでした。

○放送局から:農業に従事する方の番組はいくつかある。ジャンル的に言えば、大規模農業系、有機農業系などだが、この番組のMCである廣田由美さんは、移住農業者。まだ就農して数年しかたっていないが地域で活発に活動している。放送局としても温かく見守っていきたい。




【番組審議委員】
大玉泰規(審議委員長)、河西智子(審議副委員長)、高原 淳、谷藤正則、野村文吾、富樫雅道、 後藤健市、谷津恵子(敬称略)


 

Copyright©2008~ FM-WING All Rights Reserved.
ページのトップへ