十勝穂ドリームネット ホームページ
Supported by 十勝地区米麦改良協会 / ホクレン農業協同組合連合会

HOME >> プロジェクト一覧 >> 食育バスツアー 十勝の小麦畑にでかけよう!(2008年)
 
食育バスツアー 十勝の小麦畑にでかけよう! 2008
日   時:2008年7月17日(木)
目的地:鹿追町 上村農場

4年目となるこのツアー、藤幼稚園の年長組さんとそのお母さん約90名が、十勝の小麦畑に出かけました。十勝の小麦を畑から刈取り、石臼で粉にして、うどんづくりも体験。お昼にはみんなで流しそうめん。十勝の小麦が麺用に向いていることをみんなで体験しました!

十勝の小麦畑を見に行こう!といタイトルのこのバスツアー。でも十勝でよく見る小麦畑。きっと見るだけではないハズ。。。
バスに揺られること1時間。鹿追町の上村農場に到着です。
「いらっしゃい!」みんなをお迎えするのはFMWINGのスタッフと、そして今年もやっぱり赤いつなぎの松田おじさんです。
そして十勝地区米麦改良教会のお兄さんが、小麦の刈り取り方を教えてくれます。
よ〜し、刈るぞぉ〜
お母さん、刈れたよ〜。カンタン、カンタン。
よいしょ、よいしょ。
やりました!
園長先生と一緒にVサイン!!
小麦の刈り取り体験が終わったらみんなで大移動。いざ!ビニールハウスへ。
大っきなビニールハウスに到着。そして着席!
さっきの刈り取りお兄さんが再び登場。「さっき刈った小麦穂を使いますよ〜」
これですね、コレ。

その刈り取った小麦の穂から粒を取り出します。
「これでいいかな?」
小麦の粒は班ごとにあつめまーす
集めた粒を石臼でひきまーす。
力を合わせてよいしょ、よいしょ、
さあ、みんなが石臼で挽いた粉と同じ小麦粉で、うどんを作っていきまーす!
サラサラの小麦粉に水を加え、練って練って練って・・・。
固まりになったうどんを踏んでコシをだします!食べ物は足で踏んではいけませんが、うどんだけは踏んでコシを出す作業が必要なのです。ふみふみ。。。!
ふみふみふみふみふみ・・・
うどんはちょっとお休みタイムになります。そして、お昼ご飯の前にみんなでお散歩に出発です。
お散歩の間、お母さんたちはお勉強会。管理栄養士の白幡先生の青空教室です。
お散歩から戻ったら、お待ちかねのお昼ごはん!毎年大好評の流しそうめんです!
「流れてきたー!」「とれた!」「とれな〜い」あちこちからいろんな声が聞こえてきます。
よいしょっ!
よい・・・しょ?あれれ??
とれた!
ずるずるずる・・・
この日はスタンプラリーキャンペーン中の喜舟さんの焼きうどんもありました。
お昼ごはんのあとはお母さんたちの出番。うどんづくりがスタートです。
うどん生地をのばしてのばして・・・
のばしたうどんを切っていきます。お母さん、じょうず〜
僕も手伝うよ〜。とんとんとんとん
ラジオのインタビューもありました。
集合写真1 集合写真2
最後に記念撮影。おつかれさまでした〜。こうして今年も小麦畑の大冒険が終わりました。


| HOME |

produced by FMWING
− Copyright © 2008 OBIHIRO FMWING BROADCASTING CO.,LTD All Rights Reserved−